漢方のことなら福岡の三宅漢方医院にお任せください!
2011年、年末の鍼灸指導 その1
投稿日:2012年1月10日(火)

以前から再び鍼灸指導をしてくれと頼まれていたのですが、今回、鍼灸師の皆川剛志先生が同行して下さることとなり、12月25日から1月5日までミャンマーに行ってきました

P11007271 P11007461

マンダレーの伝統医学大学病院でオ-プニングセレモニー。
今回は運動器の急性期治療指導と、脳血管障害による麻痺治療用に朱氏頭皮針を指導しました。

皆川先生は今回が初めてのミャンマー訪問です。

a1

マンダレー行政区の社会関連省のトップ ウィンライン氏も出席。氏自身、眼科医師で徳山の先生の下へ留学経験があります。

a2 P11007641 P11007731
理論を講義しているところです。

受講生は現役のミャンマー伝統医師たちで、すでに鍼灸治療を行っている先生たちです。

診察しながら説明する皆川先生。

DSCF25591 DSCN26731 P11007981
a3 a4

皆川先生の日本語通訳をするオウンミン氏。
ミャンマーで一番広島弁が上手です

 

頭皮針の指導。ミャンマーは脳梗塞で片麻痺を起す人が多いのです。
油が多い食事のせいでしょうか?

P11100011 P11100021
P11008381

予定していたもう一人の日本語通訳は大学の仕事でなかなか会場に来られなかったので、英語が得意なイーイーアウン先生に通訳をしてもらいました

ミャンマーではビルマ暦を使うため、4月頃が正月です。ただし、1月1日は日曜日でお休み。
マンダレーヒルに登って、初日の出を拝みました。

P11008771 P11008781

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment