漢方のことなら福岡の三宅漢方医院にお任せください!
2012年の活動 その1
投稿日:2012年7月4日(水)
 

2012年4月26日から5月6日まで 今年もミャンマーに行って来ました。
ミャンマーは最近、毎日ニュースで
取り上げられるくらい変化が激しくなっていますが、実際に現地でも それを感じました。

P11103441[1]   
 

バガン空港にて国内線の飛行機。
国内線ではジェット機は初めてです!

 
P11103461[1]

エヤワディ河にかかるパコックへの橋。
ミャンマーで一番長い橋で、半年前にできたばかりです。この橋のおかげで、今までバガンからパコックまで 船で4時間かかっていたのが、車で
1時間以内に短縮されました。

 

 
 P11103551[1]

スージーパン僧院付属の病院。
ボランティアで週に2回無料の診療が行われます。
スージーパン僧院の責任者エッガダーマ師。

 

P11103571[1]

    待合室の患者さんたち。

 
P11103631[1]

薬剤庫。薬は寄贈されたものです。

     医師もボランティア。

P11103581[1]

 
P11103621[1]

手術室。寄贈された眼科用の手術器具があります。年に数回、国内・国外の眼科医がボランティアで白内障の手術をします。

国民皆保険が無い国では、医療を受けられない貧困層のために、ボランティアが発達していますが、問題は薬代などの資金。薬は高いので、慢性疾患に対して無償で供給し続けるのは簡単ではありません。

P11103591[1]

 
P11103831[1]

痛みの治療に安くて効果的な水針を教えてきました。
鎮痛薬を投与し続けるより、はるかに安くて即効性があります。

膝のツボにキシロカインを注射するティントゥン医師。

 
P11103821[1]

寺に戻って、奨学金の運営の

チェック。

 
P11104061[1]  P11104151[1]

僧侶へのお布施に食事を捧げます。

 
P11104481[1]

奨学金の授与式。
中学・高校6年間の奨学金4人分、160万チャット、医学生2人の1年分の奨学金、100万チャット、英文科博士課程の奨金、30万チャット、建築課の奨学金20万チャット、イス15セット3万チャット、テーブル20個24万チャット、教師用テーブル7個17万5千チャット、大雨で壊れた壁の修理代40万5千チャット、計422万チャット贈与しました。

 
P11104531[1]

今年も本村千鶴子さまに
援助いただきました。
学校からの感謝状です。

 

P11105061[1] P11105101[1] P1110351_edited-11[1]

尼さんたちは、身寄りのない子や貧しい家の子を預かり養っています。
奨学生に手伝ってもらって、尼さんたちへの差し入れも毎回行います。

P11104831[1] P11104841[1] P11104921[1]

夜は先生方への慰労を兼ねて、奨学生と一緒に食事会を開きます。
各テーブルを回って、先生方や生徒たちの話を聞きます。

医学生の姉弟と
P11105001[1]
P11104461[1] 

お寺のライオン像の前で奨学生みんなで記念撮影  

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment