漢方のことなら福岡の三宅漢方医院にお任せください!
吉野ヶ里遺跡
投稿日:2019年2月20日(水)
011[1]

2月10日、吉野ヶ里遺跡に行って来ました。
15年ぶりくらいですが、以前より随分復元部分が増えていました。

051[1]
竪穴式住居や高床式倉庫が並んでいます。
031[1]

竪穴式住居の外観。
入り口をくぐって入ると、
内部は少し掘り下げてあります。

041[1] 271[1]

竪穴式住居の内部。
中央に炉があります。
天井は煙が抜ける構造です。

071[1]
091[1] 101[1]

武器庫を復元した高床式倉庫内部。

081[1]  

 

環濠を復元したもの。
護るべき内側に堀があるのは
理屈に合わないのですが、
発掘跡はこうなっていたそうです。

131[2]
121[1] 141[1]

物見櫓です。復元する時、こんなに大きかったのか議論になりましたが、
柱跡の大きさからこれになったんでしたよねえ。

161[1]  

 

集落の入り口に鳥居の原型の門があります。
これが直接発掘された訳ではないのですが、
中国雲南省のアイニ族やタイのアカ族の村には
今でもこのような門があります。
詳しくはこちらをクリック!
こちらもクリック!

171[1]

巨大な祭殿。屋根の角のような形のモデルは何でしょうか?
雲南省のワ族の家がこんな形でしたねえ・・・。

191[1]祭殿内部の復元。
政事の場面です。
201[1]
その上の階の祀りの復元場面。
211[1] 221[1]

北墳丘墓。発掘時のまま保存されています。
231[1]
墓地の模型。

241[1]
甕棺の模型もありました。
261[1]
甕棺墓列です。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment