漢方のことなら福岡の三宅漢方医院にお任せください!
肌荒れの漢方治療
投稿日:2008年11月17日(月)

肌荒れ

肌荒れは、いくつかのパターンがありますが、よく見かけるのは

便秘に伴うものや、ストレス、月経の乱れによるものです。

まず、便秘によるものは顔の前面に出るケースです。

ここには胃の経絡が走っていて、便が出ないと

熱が便と一緒に外に出られないため、熱が上に登り

顔にある胃腸に関係する経絡に出口が開き、

これが吹き出物となります。これは便を出す漢方で治していきます。

他に良く見るパターンは胃腸が冷えて皮膚の下の水の流れが

悪くなり、水が届かずカサカサした肌になったり、

水は届いても動かないためジュクジュクした肌になるものです。

他にも胃腸が冷える一方で熱は上に上がって、吹き出物が顔や

上胸部に出るパターンもあります。これは漢方薬で胃腸を暖めたり

水の流れを良くして治していきます。

次に、ストレスによるものですが、ストレスが強くかかると

顔や体の横に吹き出物が出ます。これはストレスを散らす漢方で治していきます。

月経の乱れによるものは、月経の前後に口の周辺に吹き出物が出ます。

これは漢方薬で月経の乱れを治療すると、吹き出物も治っていきます。